2週連続

 

先週に引き続き、今日も玉田は岩木山に向かいました。

今日は弥生の登山道から。

初めての弥生コース。

4時間で登頂だそうです。

あいにくの曇り空なので眺望はいまひとつで…

 

参詣は、毎度しっかりと済ませます。

 

前回は嶽温泉からだったので、次は百沢からだなぁ

って言ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 


久しぶりに


玉田の休日
いつ以来だろう?と思うくらいものすごく久しぶりに、今日は岩木山登山です。

山頂から眺める弘前市


玉田(妻)も一緒にどうかとせっかく誘っていただいたのですが、ここ数年来の運動不足では同行する自信がなく、今日は玉田ひとり登山でした。













ぐるり散策

 

休日です。

 

玉田(夫)が、朝一番から趣味の世界に出掛けて行きましたので、

私、玉田(妻)は徒歩圏内で、ぐるり散策を楽しみましょうか。

 

まずは、図書館へ借りた本の返却から。

 

手ぶらの身軽になって向かうはお隣の郷土文学館。

きょうは入場無料!

弘前に縁のある作家たちの資料を堪能して、

おまけのご褒美的に、学生さんたちのアカペラサークルの歌声にしばしうっとり。

 

お次に向かうは、藤田記念庭園。

ここも本日は無料開放日!

平成3年に開園されたとのことですが、

弘前市民歴かれこれ うん十年にして

きょうが初めての入園です。

徒歩圏内なので、ここの外側は何だかんだで結構歩いてはいますが。

 

内側ってこんなにすごかったのですね。

いとウツクシ。

 

そして、次に足を運んだのは

弘前公園。

 

イベント日ですね。

"SHIROFES"




ざっくり言うとダンスのイベントで。

めちゃくちゃ若者だらけの場に身を投じ

2ON2BATTLEのファイナルまで見届け。

※玉田(妻)ダンス好きなので(笑)

 

 

散策終了で帰宅です。

おおむね8000歩でした。

 

趣味の世界から戻った玉田(夫)とともに

1日の締めくくりに

津軽人ならでは

温泉で汗を流しますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


贈り物

 

昨日、宅配便で荷物が届きました。

娘からです。

開けてみると、こんなメッセージが。

中身は、缶ビールでした!

 

嬉しいかぎりですね。

 

 

 

 

 

 

 


 


春いちばんの味


家の裏に、ふきのとうがポツリポツリと出始めました。


ばっけ味噌でも作ってみます。

 

 

 

 

 

 


卒業


そして、今日。

 

玉田末っ子、高校の卒業式でした。

なみだホロリとこぼれる、ほっこりととてもいい式でした。

 

さて、これから春の新生活の準備です!

 

 

 

 

 

 


玉田3人バルセロナ 6

 

6日目 バルセロナ最終日

空港に12時着の予定で、午前中はノ−プラン。

玉田末っ子

「せば、おれ最後にガウディもうひとつ行ってくるわ」

と言うので、ならばわたしたちもせっかくなのでと一緒に行くことに。

 

カサ・ビセンス。

内部見学は10時からなので、ここもザンネンだけど外観だけの見学。

ガウディ初期の作品、アルハンブラっぽい印象です。

シュロの葉をかたどった鉄柵




 

その後、カタル−ニャ広場にあるデパ−トに寄って、お土産の買い足しをしてホテルにもどり

最終パッキングをしてチェックアウトです。

 

空港に向かう列車。


連日のガウディめぐりを終えて、帰国の途に着きます。

 

 

いま思えば、グエル公園→カサ・ビセンス→グエル邸とめぐれば内部見学もできたんだろうなぁ…

でもそこまでギュウギュウのスケジュ−ルもきついかも。

実際グエル公園のあと、ばてばてだったし…

 

あ〜! サグラダ・ファミリアのライトアップも結局みていませんよ…

2026年の完成のときまでのお楽しみにしておきましょうか。

 

 

 

 

 

 


 


玉田3人バルセロナ 5

 

5日目

ガウディめぐり、本命のサグラダ・ファミリアへ。

聖堂への入場+オ−ディオガイド+塔に上るエレベ−タ−付きのチケットを

入場9時・エレベ−タ−9時15分で事前購入済み。

到着は、8時半前でまだ人はまばらです。

生誕のファサ−ドが朝日を浴びて輝いています。

この時刻だからこそ見れました!

さかさサグラダ・ファミリア!!


入場前。

う〜ん、ただ眺めているだけじゃなくて説明ほしいよね。

あ!そういえばガイドブック持ってましたよ!

おもむろに広げて、「あそこの像がなんとかで、あれがこうで、こういうことを表しているんだって」

とりあえず予習はできました。

9時前、入場口に並び始めた列につきます。

オ−ディオガイドを受け取って、示されている番号を押して説明に聞き入ります。

柱の下のカメ。


受難のファサ−ドのエレベタ−に乗ります。

荷物はロッカ−に入れて。

塔の上からのバルセロナの町並み。



ひとしきり眺めたら、らせん状の階段で降ります。

下をみると…
まるで巻き貝のようです。

階段の壁は、これはあまり見たくはなかったですね。

一面の落書き。心が痛みます。

さて、聖堂です。




受難のファサ−ド。

地下博物館も見学。

逆さづり模型


再び聖堂にもどり、ベンチに座ってステンドグラスを見上げながらボ−ッとすることしばし。

12時の鐘が鳴り響くのを聞き終えて、退場しました。

ざっと滞在時間は3時間半をゆうに越えておりました。

そして午後。

え〜い、とことんガウディでいきましょう!

と、目指したのは グエル邸。なんですが…この日は休館日。

そうです、後悔の種はそれなんです。

きのう来てさえいれば建物のなかも見学できたのに。

あ〜ぁ、ザンネン。



外観だけを見させてもらってグエル邸はおしまい。

 

つぎに向かったのは、グエル別邸。

ドラゴンの門がみれればOKと。




は〜

とことん見尽くしました。

 

 

晩ごはん。

やっぱパエリアはたべておかないと。

メニュ−には、イカスミパエリアと思われるものが "BLACK RICE" と表現されていて

そちらをオ−ダ−。

お〜!

お鍋焦がしちゃったんですか?というイキオイの黒さ!

3人でくちびる真っ黒にしていただきました。

 

 

 

 

 

 

 


 


玉田3人バルセロナ 4

4日目

今日は、しっかりガウディ巡り

 

グエル公園

時間指定9時入場のチケットを事前購入。

地下鉄最寄駅から、徒歩20〜25分との情報で歩きはじめます。

いやいや、これが 玉田妻にはプチ登山か?と思えるほどの坂道。

平坦な道の20分と坂道の20分とは訳が違う! 汗だくで到着!!

ああ、事前購入しておいて正解でした。

チケット売り場の案内は午前中は完売で、1:30以降〜。

 

念願のトカゲ。

オ−ディオガイドはないので、アプリでとっておいたガイドを要所要所で聞きながらすすみます。








ショップでみた色とりどりのグッズ、思わず欲しくなってしまいます。

5ユーロのタイルを2枚購入。


地下鉄でカタル−ニャ広場へ。

次の予定まで2時間以上あるのですが、さあどうしよう?

相談の余地なく、玉田妻はプチ登山の影響ですっかりお疲れモード。

「ずっとここに座ってる!」


で、玉田・玉田妻はカフェで休憩。

元気あふれる玉田末っ子は、ランブラス通りの散策に小一時間。

海のほうまで行ってきたって。

このときの行動選択を、夜になって後悔した玉田妻。

あの時間を使ってランブラス通りにあるグエル邸の見学に行っておけば…グスン…

 

いくらか元気復活で、お次は

カサ・ミラ

ここのチケットも事前購入。

入場時に、荷物検査があります。

玉田末っ子なぜかストップさせられました。

「メタル」といわれてバッグの中身を調べ、出てきたのはなんと爪切り!

係員さん、失笑。

爪切りは預かり品となり、入場。

音声ガイドはほどよいタイミングで説明がきけます。

 

ひかりが差し込む中庭です。

ここからエレベ−タ−で屋上へ。

はぁ〜

ためいき…



屋上から階段をおりて内部の見学です。




じっくり2時間ほどの見学でした。

 

そして、

カサ・バトリョ

これもチケットは事前購入。

残念ながら足場がかかっていて、仮面のようなバルコニ−は見えません。
ガイドはその場で指定された番号を。説明とともに、生活している感の画像がでます。



吹き抜け。おかげで全体が明るいです。







屋上。

こちらも2時間弱の見学。

 

頭の中がガウディであふれかえっています。

本日終了としますか。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


玉田3人バルセロナ 3


3日目

バルセロナ市内の地理感覚を得ることと、名所をざっくり理解することを目的に

ツ−リストバス1日乗車券の利用。

これがバス停。

乗車券は事前購入にて、バ−コ−ドをプリントして持参。

バスの係員に提示すると、チケットを発行してくれます。

1日乗り降り自由です。


ぐるりとめぐるコ−スが書いてあります。

赤ラインと青ラインがあります。

2階は屋根がないので、見晴らしは最高!

一番乗りで乗車できたので、2階の最前席確保です。

 

前のガラスが風除けになるとはいえ、風を切って走るバスですから

う〜〜 寒い!もっと冬まかないしてくるんだったわぁ

と、帽子・フ−ド・手袋とできるだけの保温対策を。

 

たしかに眺めはいいですよ!










こちらは、”車窓から”の カサ・ミラ

団体旅行だと、「はい、もうすぐ右手にみえてまいりま〜す」

と、一瞬チラッと目にしただけで みた ことになる”車窓から”。


サグラダ・ファミリアでバスを降ります。

ゆっくり時間をかけてまわりをひとまわり。

生誕のファザ−ドを見上げながら、ハンバ−ガ−ランチ。

(こちらは受難のファザ−ド)

 

真っ青な空に飛行機雲がとてもきれいです。

赤コース・青コ−ス制覇して

 

玉田と玉田末っ子の2人は、カンプ・ノウ・スタジアムへ向かいます。

残された玉田妻、さてどうしようか?と。

バスの乗車券をフル活用で、今度は夕方〜夜の町をみてみようと

再びバスに乗車。

午前中の景色とはまた違ってなかなかおもむきあり。

 

カタル−ニャ広場でバスの運行がおわりだったので、グラシア通りを地下鉄駅に向かって歩きます。

おかげで、カサ・ミラのライトアップがみれました。

2階のカフェ?の曲線使いの美しい天井にうっとり!


ホテルに戻った玉田妻、カンプ・ノウの試合テレビで放送しているか?

とチャンネルを探し

みつけたのはこれなんですけど、解説者の画面と監督さんらしき人を追った画面

ずっとこれ。

ふしぎ…

 

試合終了後、玉田と玉田末っ子は地下鉄が人で溢れかえって入れないので

徒歩でホテルに帰ってきました。30分くらいかかったかな?

 

明日にそなえましょう。

 

 

 

 

 

 

 


 



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:525 最後に更新した日:2019/08/10

search this site.

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM