暖房

 

 

こちらの住宅、完成後はいろいろ試している

いわば「実験住宅」のような…。

実際に生活してみて様子を探っています。

 

リビングは2階。大きな窓が3つ並んでいるので、

太陽が燦々と照っている日はこんな感じになります。

冬の太陽はずっと奥までさしこみます。

315ミリの厚さの断熱材ですっぽりと覆われている家。

太陽のパワーを拝借して、室温は24℃〜25℃ほどに安定しています。

まさに ”太陽暖房” と言ってもいいような。

ここ津軽地方は、冬の日射量が少ないため毎日がこうというわけにはいきませんが。

 

この住宅の暖房は、ボイラーで沸かした温水をパネルヒーターに循環させるのですが、

ひとつの実験として、灯油消費量を毎日チェックしています。

暖房ボイラーのモニター画面で消費量がわかるときいて、これはなかなか便利!

と思ったのですが、あまりにもざっくりした表示で詳細がつかめないので…

すぐれものを取り付けました。

”微流量灯油メーター” です。

右上に見えているのがそれ。10cc単位で消費量がわかります。

 

毎日同時刻にチェックして記録しているのですが、

その数値の少なさに日々驚かされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


関連する記事

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:568 最後に更新した日:2020/02/14

search this site.

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM