2月25日 ただ今フライト中 成田へ

玉田ダミーです。

24日午後、ということはつまりドイツの早朝。夜行列車がケルンに到着した頃だろうなぁ。

珍しく携帯に連絡あり。(よからぬ予感。) 

「クレジットカードが利用限度額を超えているみたいで使えない。何とかして!」

は??? 

初めて聞いた“利用限度額”。

そういえば記憶をさかのぼること10日ほど前。2月14日。

自宅を出る間際に、いつも持って行くクレジットカードの暗証番号がすっかり記憶に無い

そこで、慌てて普段使いのカードも持って行くことに。

まさに普段使い!

日々の細々に利用しているだけあって 持参のカードはついにここで

“利用限度額”のリミット越えした様子。

カード会社へ電話して、「限度額アップお願いします!!」

そして返事は...「アップが反映されるのは明日か明後日です。」

玉田ダミー、頭が真っ白に

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。

「海外での利用分についてのみ、ただ今より利用は可能です。」

というわけで、無事にクレジットカードが使える状況になって

8時間ほどをケルン・フランクフルトで過ごした玉田。

フランクフルトを昼過ぎに発ち、11時間のフライトで成田到着です。

疲労回復と時差ボケ対策、今回は万全でしょうか?















2月24日 フランクフルト

玉田ダミーです。

玉田は、ツェルマットでの3連泊を終えて、現在移動中です。

2月23日
Zermatt(16:13)→Visp(17:22) R256
Baselで夕食

BaselSBB(23:26)→KolnHbf(6:05)
夜行列車CNLは2月23日運行しない日なので、12号車の向い合わせテーブル付き座席。

2月24日
KolnHbf(8:55)→FrankfurtFlughafen(9:51)

フランクフルト空港からルフトハンザ航空LH710便13:35にて成田へ。



そういえば3年前に北欧旅行した時の帰りの飛行機…

疲労回復・時差ボケ解消には睡眠が一番!と、睡眠導入剤を服用。

服用量は、5ミリくらいの錠剤を割って半分。

。。。イマイチ効き目が無い。もう少し飲んでみるか?と残りの半分を飲んだのが間違い

とにかく爆睡。食事のサービスも気づかず爆睡。

成田に到着してもなお意識はぼんやり。

リムジンバスに乗って羽田に向かい、羽田空港内の人通りが少ないベンチを見つけて

そこでまたひと眠りし、ようやくすっきりとして青森行きの飛行機へ。

しかし、玉田本人はリムジンバスに乗った記憶が無いのだそうな。

本人いわく、「眠ったおかげで疲れは全く残らなかった」とは言うものの。

今回は、「服用は絶対半分厳守。1錠は厳禁!」と念を押しましたが…









2月23日 ツェルマット

玉田ダミーです。

2月23日は、ツェルマットに滞在予定。

おそらく、マッターホルンを眺めるかスキーを楽しむか

もしくはサウナに入って地酒を堪能しているか…

そして夕刻にツェルマットを出発します。夜行列車でケルンへ。

今回の旅では、どんなものにめぐり会えたでしょうか?



これは6年くらい前に北欧に行った時にDIYで買ってきた温度計。

窓枠の外側に取り付けてあります。

高気密・高断熱の暖かい室内から、「外はどれだけ寒いんだ?」みたいにして

外気温を知ることができる優れものです。

我が家では毎朝8時の外気温と室温を見ることにしているのですが、

今朝は2月に入って初めて外気温がプラスでした!



春がだんだん近づいています!






2月22日 今日はどこへ?

先週2月15日から、記事の更新は玉田ダミーが行っています。

きのうのツェルマットは快晴。山は360度の大パノラマだそうです。

さて22日の予定ですが、日程はきのうと同様 “終日自由行動”なのですが、

「明日は、イタリアに行く予定」と、メールあり。

出発前には、全くそんな予定なかったのに??

ツェルマットに到着してすぐ、マッターホルンの全景を観られたから、大満足で

さらに足を伸ばすのでしょうか?



ついでといっては何ですが、今日の岩木山も大パノラマです。


岩木山と岩木川

手前は岩木川。 快晴です。








2月21日 ツェルマット

2月21日の予定。

スケジュールとしては、「終日自由行動」ってことになるでしょうね。

おそらく、スイス・ツエルマットの景色を眺め、食事を楽しみ、

日本食もそろそろ恋しくなって、持参のインスタント味噌汁をすすり

(納豆汁・野菜たっぷり汁・蟹だし汁・春雨スープetc持参)

スキーをレンタルしてスキー三昧!

そして、マッターホルンの全景が見られたら最高です。

ちなみに、20日は曇りでマッターホルンは見えなかったようです。

23日までの滞在で、マッターホルンが見られれば目標達成。








2月20日 ツェルマット

2月20日の予定。

鉄道利用での移動開始。

ユーレイルセレクトパス にて、ゆうべまず乗り込んだのは

WienWest(22:25)→ZurichHB(7:20)

列車番号 466  車両 シャワー付き二人部屋の寝台列車。

同行者のK氏と、一杯やってから就寝。

チューリッヒ到着後、乗換え。

Visp(10:10)→Zermatt(11:14) R225 

ツェルマットに到着すると、目指すホテルはすぐのはず。

SCHLOSSHOTEL TENNE (シュロスホテル テンネ)

駅から300メートル。小じんまりした、アールヌーボー様式を取り入れたホテルで

各部屋にバルコニーとジャグジがある。

チェックインを済ませたら、これから三日間スキーを満喫する予定。




…しかし。

二人とも話せる言葉は、津軽弁のみ!!!

ボディーランゲージだけでコミュニケーションは可能か?

というあたりが、この旅のテーマ?

とりあえず、出発前にいろいろな場面を想定しての文例を娘に作ってもらって

お守りのように携行していきましたが。

GOOD  LUCK







calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:588 最後に更新した日:2020/07/16

search this site.

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM