断熱材

 

さて、今度は断熱材が搬入されまして

1階の床が断熱材でいっぱいになりました。

すごい量です。

 

おふとん3枚重ね(?)の材料です。

 

 

 

 

 

 


 


 



先日、サッシが搬入されまして




 



 



ただいまサッシの取り付け工事、進行中です。




 



 



 



 

 




 



 

 




 

 




 



 



 



 

 




 

 




 



 



 



 

 




 

 




 



 



中間検査

 

 

工事がここまで進んだ状態で

先週末、中間検査がありました。

 

住宅の新築にあたり、

図面とか書類とかの一式を「こういう家を建てます」と提出して

OKのハンコをもらって工事の着工になるわけですが

申請したとおりに工事が進められているかのチェックが

中間検査らしいです。

 

検査を無事に済ませて、今週も工事はすすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

これは、端切れの材料を写させてもらいました。

まるで卵パックみたいな板状のものですが

これを土間に敷き詰めて
卵パック状の溝の部分に、暖房用のパイプをはめ込んでいく作業をしています。

玉田工務所の大工さん。

暖房のことだって、他の業者さんに丸投げはせず

一筆書きのようにはめていくパイプの作業指示を出すのは、玉田。

 

出来上がり。一筆書き。

その上に、金網?(ワイヤーメッシュ?)をセットして

コンクリートを流します。

 

仕上げのならしは左官屋さんの熟練の技!

1階の床です。

 

ん?? 

なんかこれまでかれこれの”津軽の家”の施主様の現場写真と違いません?

と尋ねたら、

この家・・・床下のない家なんですって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


屋根

 

これ、だいぶ前のことになりますが

お日様の光が降り注いで、あまりにも美しい影をみせてくれていたので…パチリ!

この時一瞬だけの限定でした。

ここ、住宅の前方の車庫・小屋部分の屋根。

下から見上げています。

仕事が進みこのようになると、もうあの影はみられませんね。

結構な面積の屋根なので、さてトタンの色をどうしようか?と

また、色見本を置いてみました。

屋根、このようになってます。

2階の窓から広く見えるところなので、

芝生を眺める感覚の錯視効果があるのかどうか?とチョイスしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


ショールーム

 

先日、初めてのショールーム体験を

ユーザー目線で味わってまいりました。

便器いろいろ

浴室いろいろ

キッチンいろいろ

夢の世界のように展示してあります。

 

この日の目的は

浴室の打ち合わせです。

 

実際に浴槽のあんばいをみて

シャワーヘッドの具合を体験して

手すりやら鏡やらがどうなっているかを確かめて…

カタログと色見本を見ながら相談していきます。

あの色この色と、パーツをとっかえひっかえしつつ

ミニチュアの浴室を目の当たりにして、イメージがふくらみます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


上下水道

 

ここの土地は、もともと上下水道が入っていない土地です。

ですから道路の下にある本管から、この土地に水道をひく工事が必要だそうです。

交通整理をする方も含め、作業員さんたちがたくさん来て

ワーッと道路を掘り、作業をしてくれました。

その上をアスファルトでおおい、工事は終了です。

 

いえ、終了っていうのは 私、玉田(妻)の思い込みだったようです。

再び作業員さん。

このあいだのアスファルトの両側をガシガシ・ドスドスと...

こんなふうにして帰っていきまして

何なんだろう?と不思議に思っていたら

日を改めて、またまた作業員さんたちがたくさん来て

表面を削りとり

キレイにかためて

アスファルト舗装をびしっとして

これで本当に工事完了みたいです。

 

う〜ん、家1軒建てるのにいろいろやることがあるのですね。

 

で、この工事

市がやってくれるのでもなく

水道部がやってくれるのでもなく

請求書はもちろんこちらにきます。

その金額はといえば、ちょっと驚きの額でしたね。

 

家造りをお考えのみなさま。

土地探しからスタートという方、

候補の土地に上下水道が入っているか、入っていないか

気にかけてくれた方がいいかもしれません。

 

お買い得!と思った土地 水道工事必須?なら…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アナログなんです

 

最近の玉田、仕事部屋にこもっている時間が長いのです。

いったい何をしているのかとのぞいてみると...


 

せっせと図面を描いていました。

CADでもなく、ドラフターで手描きの図面です。

しかもカレンダーの裏紙にです。

めっちゃアナログ!

 

いま建築中の

この家のことで、あれこれ思いを巡らしているようで、

どうせならサッシの収まりは、こうしてみてはどうか?

ここはこのように施工したらどうか?

などと、思いがあふれて図面を描きはじめたら

かれこれ何十枚…という状況らしいです。

 

 

いろいろな実験が試みられるもようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


屋根 外壁

 

屋根のトタン

どんな色にしようか...と、

手元の小さい見本ではなかなかイメージできず

25センチ四方ほどの色見本を実際に屋根にのせてみました。

お日様があたってどんな感じかも確かめられます。

うーん。それでもやっぱり迷いますね。

 

一方、壁も貼り始めています。

地震・台風・火災に強い!

なんか頼もしいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


屋根

 

屋根一面に板を貼る作業をして

板金屋さんの登場

 

天気予報と相談して、雨対策を講じてきのうの仕事を終えました。

 

 

 

 

 

 


 



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:588 最後に更新した日:2020/07/16

search this site.

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM