2月23日 ツェルマット

玉田ダミーです。

2月23日は、ツェルマットに滞在予定。

おそらく、マッターホルンを眺めるかスキーを楽しむか

もしくはサウナに入って地酒を堪能しているか…

そして夕刻にツェルマットを出発します。夜行列車でケルンへ。

今回の旅では、どんなものにめぐり会えたでしょうか?



これは6年くらい前に北欧に行った時にDIYで買ってきた温度計。

窓枠の外側に取り付けてあります。

高気密・高断熱の暖かい室内から、「外はどれだけ寒いんだ?」みたいにして

外気温を知ることができる優れものです。

我が家では毎朝8時の外気温と室温を見ることにしているのですが、

今朝は2月に入って初めて外気温がプラスでした!



春がだんだん近づいています!






2月22日 今日はどこへ?

先週2月15日から、記事の更新は玉田ダミーが行っています。

きのうのツェルマットは快晴。山は360度の大パノラマだそうです。

さて22日の予定ですが、日程はきのうと同様 “終日自由行動”なのですが、

「明日は、イタリアに行く予定」と、メールあり。

出発前には、全くそんな予定なかったのに??

ツェルマットに到着してすぐ、マッターホルンの全景を観られたから、大満足で

さらに足を伸ばすのでしょうか?



ついでといっては何ですが、今日の岩木山も大パノラマです。


岩木山と岩木川

手前は岩木川。 快晴です。








2月21日 ツェルマット

2月21日の予定。

スケジュールとしては、「終日自由行動」ってことになるでしょうね。

おそらく、スイス・ツエルマットの景色を眺め、食事を楽しみ、

日本食もそろそろ恋しくなって、持参のインスタント味噌汁をすすり

(納豆汁・野菜たっぷり汁・蟹だし汁・春雨スープetc持参)

スキーをレンタルしてスキー三昧!

そして、マッターホルンの全景が見られたら最高です。

ちなみに、20日は曇りでマッターホルンは見えなかったようです。

23日までの滞在で、マッターホルンが見られれば目標達成。








2月20日 ツェルマット

2月20日の予定。

鉄道利用での移動開始。

ユーレイルセレクトパス にて、ゆうべまず乗り込んだのは

WienWest(22:25)→ZurichHB(7:20)

列車番号 466  車両 シャワー付き二人部屋の寝台列車。

同行者のK氏と、一杯やってから就寝。

チューリッヒ到着後、乗換え。

Visp(10:10)→Zermatt(11:14) R225 

ツェルマットに到着すると、目指すホテルはすぐのはず。

SCHLOSSHOTEL TENNE (シュロスホテル テンネ)

駅から300メートル。小じんまりした、アールヌーボー様式を取り入れたホテルで

各部屋にバルコニーとジャグジがある。

チェックインを済ませたら、これから三日間スキーを満喫する予定。




…しかし。

二人とも話せる言葉は、津軽弁のみ!!!

ボディーランゲージだけでコミュニケーションは可能か?

というあたりが、この旅のテーマ?

とりあえず、出発前にいろいろな場面を想定しての文例を娘に作ってもらって

お守りのように携行していきましたが。

GOOD  LUCK






2月19日 ウィーン

2月19日の予定

…と、その前に。きのうの出来事。

昼過ぎにウィーンの玉田から留守宅玉田ダミーへ電話。

「ムービーカメラが、うんともすんともいわない!全くの無反応…」

時差を考えると、ウィーンは早朝のはず。

という訳で、玉田ダミーは、メーカーに問合せ。

考えられる原因と、対処法。

充電器の不具合か?電源スイッチの押し方か?バッテリーの入れ間違いか?本体の不具合か?

いろいろ親切に教えていただき、玉田ダミーは玉田にメールで連絡。

しかしそれでもカメラは無反応とのこと。

どうしよう…これからの旅行日程、画像を残せないのは非常に心苦しい。

同機種の海外版の品番、念のため今回持参のバッテリーが使えるデジカメの品番を

メーカーさんから教えてもらい再度メール。



ヨーロッパでは家電量販店なるものは無く、在庫なんて習慣も無いらしいです。

やっと在庫店を調べてもらって、海外版の同型のカメラは手に入りそうです。

今回、いつものデジカメを持っていかなかったことが大変悔やまれます



さて、気を取り直して2月19日の予定。

本日はウィーンの市内を観光します。

シェーンブルン宮殿と庭園、 市立公園、 国立歌劇場、

市庁舎、モーツァルトハウス、旧市街など。

その後、今回の視察旅行のグループからは離脱して、

夜行列車でスイスのツェルマットに向かいます。

グループからもう一人離脱し、これから二人旅のスタートです。







2月18日 ウィーン


前日の午後にベルリンを発ち、ウィーンに到着。

ホテルは

AUSTRIA TREND HOTEL SAVOYEN VIENNA

(オーストリア トレンドホテル サボイエン ウィーン)

2月18日は現地の商社案内で

ENSO Brand工場を見学。

午後は住宅展示場や地元のDIYを訪問します。

時間に余裕があれば近隣の散策も考えています。

以前、北欧旅行に同行した方の話では

地元のスーパーマーケットに足を運んで、卵の価格を見るのだそうで。

それが、なんとなくその国の物の値段を知る目安になるのだそう。

ウィーンではおそらく卵の値段は見に行けないかもしれないけれど

DIYで、日本との違いを実感できそう。

お土産になりそうなナニカに出会えるかな?





2月17日 ベルリン

玉田ダミーが、2月17日の予定をお伝えします。

午前中は、ベルリン市内観光。

バウハウス博物館

ブランデンブルク門

ベルリン大聖堂

チェックポイントチャーリー を見学します。

その後、空港に向かい昼食。

14:20のLH3614便で、オーストリア ウィーンへ。

ウィーンのホテルに宿泊します。







2月16日 ベルリン

ドイツと日本の時差は8時間。

日本時間から8を引き算するとドイツの時刻がわかります。

留守を預かる玉田ダミーが、スケジュールをお伝えします。

2月16日は、9時から16時まで終日

ベルリン国際建築専門見本市の見学です。

開催期間は2010年2月16日〜20日

展示品は
●エクステリア    ●建築物保護材、化学合成材
●建築資材     ●防火防炎設備 
●屋根          ●コンピュータ技術/機器 
●ファサード建築 ●窓、ドア、門扉
●プレハブ建築/システム工法
●ホームオートメーション
●暖房技術     ●木製建材
●インテリア     ●空調・換気
●建築構造     ●衛生設備
●地下工事     ●建築機械、工具、システム



2008年開催のデータでは
総展示面積 50,000
出展企業  810社
参加国数  18カ国
ビジター総数 64,000人

東京ドームの広さが46,755屬箸いΔら

会場の大きさはなんとなく想像がつきます。

一日いても全部は回りきれないかも。









 


成田空港から

ただ今 成田空港にいます。

ベルリンで開催される「国際建築専門見本市」の視察に出かけます。

10人にも満たない小グループでの視察旅行です。

これからの柱建てに向けて着々と準備中の現場は棟梁に任せて

きのう午後、青森空港を出発。

成田空港近くのホテルに前泊。

13:20発のルフトハンザ航空 LH715便の出発待ちです。



小雨模様の中、次々と飛行機が離陸していきます。

ミュンヘンまでおおよそ12時間のフライト。

ミュンヘンからLH230便に乗り換えて、ベルリン到着は

日本時間で2月26日午前4時ごろになる予定です。

今回はどんな旅になるか…











新住協見学会

 第3回
北海道発全国行き
新住協の全国一斉見学会

終了いたしました。

2日間にわたり、多数のご来場をいただきありがとうございました。

玉田工務所は、リフォーム部門での参加会場でした。

お客様の中には、新築しようかリフォームにしようか?と、悩んでいる方、

リフォームを考え中の方、

家のことには関心があるけれど、考えが漠然としている方、

いろんな方がお見えでした。

そんなかたがたとお話させていただき、逆に教えられることもたくさん。

よい家づくりのために、情報提供していきます!

見学会当日、十分にお話できなかったとお思いの方、

または都合がつかなくて行けなかった方、

ご一報ください。

「津軽の家」リフォーム会場でお待ちしています。











calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:466 最後に更新した日:2018/08/10

search this site.

sponsored links

          

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM